スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメントとかしてもらえると喜びます

大正野球娘 最終話 「土と埃にまみれます」 感想

大正義野球娘 最終話 「鮮血の結末」

前回のあらすじ
カッス試合に出遅れる→審判空気嫁→サンキューマッツ→カッス順調な立ち上がり&桜花パイア


前回柳によって魔球の存在がばれてしまったカッス。
いきなり朝香の一転攻勢が始まります。
変化球を見てくる相手に容易にストレートを要求したKO梅。気づけ!奴はストレート狙いなんだ!
1_20090926012506.jpg

カッスンゴwwwwww
柳△!△△△△△△!
変化球でストライクとれるのならそれ続ければいいじゃんとか思うのは素人考えか。
でカッスのストレートは所詮サイドから投げられるだけの球。男子に通用する球じゃないと思うんだ。
せっかくのコントロールが無駄スキルに終わってる・・・?
椎野さんならこういうでしょう。
「何故あそこでインコースのストレートを使わない?使えないのか、使いたくないのか、使う度胸も無いのか?」
2_20090926012434.jpg

名将カークランド。正直(置物とかやるカークランドとかいって)すまんかった。
しかしもう少し早くいってほしかった・・・。
(変化球攻めと苦手コース攻めに)切り替えていく。
3b_20090926012445.jpg
3_20090926012435.jpg

「桜花会の一塁側・ライトスタンドのファンは怒っています!」

4_20090926012446.jpg

007ノリ、朝香の弱点探して!
いつのまにかスコアラー兼マネージャーみたいになってたノリ。もはや外せない大事な存在になっています。正直ライトの人とポジションチェンジしろよとか言いたいけどもう時すでに遅しである。
5a.jpg
5b_20090926012457.jpg
5c.jpg

ああピッチャー正面・・・
岩崎のポーズが何かに変身しそうなカッコいい感じだったのに笑った。
真正面ライナーといえば石井一久の悪夢がよぎります・・・。
6_20090926012343.jpg

ピンチ、ピンチまたピンチ・・・
ついにカッスが首を横に振りまくる。これ大抵はストレートなんだよね。
しかしカッスは「揺れる魔球」の使用を決断。KO梅、それはまだとれないらしい。
てかキャッチャーが取れないぐらい揺れる変化球を投げるカッスは普通に凄いです。
「これ以上点を与えるわけにはいかない」という台詞からも、現状を的確に認識し、勝つために何をすべきかということをしっかり考えてるカッスの成長が伺えます。
一方でKO梅は「捕れない」事を理由に博打がうてない。実はこのバッテリーをひっぱてたのはカッスだったんですね。
7_20090926012344.jpg

KURAwwwwwwwwwwwww
KO梅ェ・・・そのそらし方はあかんで・・・
ツーランパスボールとは・・・。これは後の処理でもたついたKO梅のミスです。
そういえば昔西武で許さんがツーランARAKAKIやってたっけ・・・
8_20090926012344.jpg

佐藤藍子「やっぱり男子には適わない(と初めから思ってました)」
ついに合唱部で内乱勃発!一緒や!歌っても!
ついに一人残される大口先生。イイハナシダナー
9_20090926012410.jpg
e.gif



とんだー!
おじゃんのスーパープレー!!!!!!
カッスのピンチをおじゃんが救います
10_20090926012410.jpg

おじゃんスペ発動
なんということでしょう。ファインプレーをしたものも、自分の体重に耐え切れず、苦悶の表情を浮かべるおじゃん。
これでCMはさむなんてw
これ普通の野球漫画なら一話にまとめられてますよ。
いままでのきつい練習と勝利への執念を思い出す→「あきらめてたまるか!うおおおおお」→アウトー→「どうしたお雪ー!!!」
11_20090926012245.jpg

どうやら手首の捻挫のようです。
12_20090926012245.jpg

そしてでました審判の「試合放棄」提案
もはやお約束ですよね。こういう展開で試合放棄の話題がでるのは。ちなみに某MAJORのシゲノンゴは雨によるコールドゲームを意味不明な論理を展開して撤回させたり、足が限界で審判にも止められたのに投げ続けてサヨナラボークだったりしてました。
13_20090926012251.jpg

なお次のイニングには間に合う模様
凄い・・・おじゃんが喋ってるよ・・・能登の無駄遣いとかいってごめんなさい。
今までの全話で喋った量よりも多いんじゃないか?
ちなみに普段無口な人が急に喋りだすってのは死亡フラグです。
14_20090926012306.jpg

団結、そして・・・
おじゃんのガッツ(カッスではない)がみんなの団結を一層強めたようです。
こういう時、奇跡っていうのは起きるんだよ・・・。
しかし、朝香もそんな彼女たちに全力で答えるため全国大会決勝モードに移行!
なんだよ・・・まだ本気じゃなかったのかよ。
「まだ変身を二回残してる」って言われたときの絶望感に近いです。
なおこの一連の流れで岩崎は男を上げた模様。大松は相変わらず大松だった模様。
15_20090926012312.jpg

胡蝶キター
足を警戒して内野を前進させる朝香。完全に本気です。
16_20090926012312.jpg

しかし胡蝶は胡蝶シフトをあざ笑うかのごとく一塁線にセーフティードラッグバントを決め・・・
前進守備で一塁線にセーフティー!?
しかも成功しちゃったってどんだけ足速いんだよ胡蝶。どうしてそんな戦術思いつくの胡蝶。
天才胡蝶。なんでこんな逸材が陸上部なんかにいたの?
CSで西岡が決めたセーフティープッシュバント思い出したわ。
17_20090926012139.jpg

正直このおじゃんの表情に興奮しました。
金本打法を思い出せ!!
そしてついに大口先生がデレます。
案の定合唱部の佐藤藍子たちが全力で応援を始めました。いいシーンです。
18a.jpg

バントもできなかったおじゃんが気合で打ったよ!!
でもちょっとまってみよう。確かにおじゃんは頑張ったと思うんだけど、何かがおかしい。
18a.jpg
18b.jpg

・・・逆手打ち・・・?金本超えたで。
ちなみにこのおじゃんの気迫の出塁も、あまりにも早すぎる胡蝶の動きに二塁手が処理を焦ったため起きた奇跡です。
19_20090926012145.jpg
二塁手のエラーもさそう、胡蝶さんカッケーです。朝香の二塁手ンゴwww
20_20090926012151.jpg

このKO梅、どこかで見たことあると思ったら、ばんてふ!ばんてふじゃないか!
img75f030bezik1zj.jpeg

21_20090926012157.jpg

四番まで繋いだぞ・・・あとは四番が仕事をする番だ!
なんという王道展開。でもこれノーアウトだからなぁ。
ホームラン禁止によって「窮屈」なバッティングになっていた二岡。それを妹に指摘され、ホームランを狙っていくことに。さすが妹、よく見てます。kz?一生そこでエックスジャンプしてろ
22a_20090926012038.jpg
22b_20090926012044.jpg

いきましたーフガッ
「お願い・・・入って」全桜花の願いをこめた一打は風にのって・・・
あ~~(´・ω・`)ノシ |や|め|て|こ|れ|は|悪|い|夢|っ|!|(´・ω・`)ノシ~~!!!!!
22c_20090926012044.jpg

22d_20090926012050.jpg
d.gif



二岡涙のドームラン!!!!!!!
岩者大炎上wwwwwwwイワンゴwwwwwwさすが俺達構成員の一角を占めるだけはある。
しかし下位打線は三者三振。というか地味に5番が置物で辛いです・・・。
23a.jpg
23b.jpg

スパ朝
朝香はスパイ行為でカッスの癖を見抜いていた!
いつの間に気づいてたんだよ!!待球作戦かと思ってたらそういうことかよ!恥を知れ朝香!
ちなみにこれ、ONEOUTSなら5話構成です。多分。
とっさに癖を利用することを考えたkzはさすがだと思います。もうでてる作品が違うけどね。いつのまにか爽やかな野球アニメが権謀術数渦巻く勝利重視の野球アニメに変わってるけどねw
24_20090926011844.jpg
c.gif


胡蝶のレーザービームで朝香滅亡
打っては内野安打量産、走っては盗塁、守ってはレーザービーム、なにこのイチロー
この試合、胡蝶目立ちすぎだろ・・・一方GGはあの温泉回とはなんだったのかというぐらい目立ってない模様。
25_20090926011855.jpg
b.gif

と思ったらGGが凄いファインプレー決めたwwwwwww
成長してた!!GGはちゃんと成長してたよ!!
感動した!あんなに駄目で、クソレフトとかGGとかフィリップスとか宇野とか言われてたこの子が実戦でファインプレーとか涙がでるわ。まあとれなかったらランニングホームランなボカチカも真っ青なプレーなんですけど。
でも、思い出してください。前回朝香とやったとき、あのときの戦犯は誰だったのでしょうか?フライがとれなくて試合後泣いていたのは誰だったでしょうか。
GG桜見はカークランドが育てた。
26_20090926011905.jpg

二岡妹大開脚
っておいwwwwww
これ、凄いプレーですよ。なんかエロいし。打撃のほうでは置物5番ですけど守備で見せましたね。
27b_20090926011916.jpg
27c.jpg

おじゃん&たまちゃんでアライバ
ってスゲー!!!!!
サンデーモーニングであっぱれもらえるレベルだよこれ。ナカジと片岡なんてなんども挑戦して一度も決めたことないんだぜ?
手負いの状態だからこそのグラブトスなのかもしれないけど、この一連の守備だけみてると、なんだか横浜になら勝てそうな気がしてきた・・・。
28_20090926011749.jpg

ついにKO梅から魔球の使用を提案。やっぱり柳△は別格なのか。
そしてKO梅、試合の中でまた成長したなぁ・・・。もはや別人ですよ。ついさっきKURAしたばっかりのはずなのに遠い昔の出来事のように思えるぜ。
あっぱれカッス!柳△を抑えて朝香相手に9失点完投!なんかこう書くとオリックスの中山がやってたさらし投げみたいだけど試合はまだ2点差だから。一応最終回残ってるから。
29_20090926011759.jpg


カッスが死んでしまう、みんなで助けよう


ギャーいつの間にかツーアウト
これがホークス伝統のオートマチックアウトって奴か・・・。結局二岡妹は股割りと二岡への助言だけで置物だった件。
ツーアウトでKO梅。しかも簡単に追い込まれる。こりゃ打てへんわ。
30_20090926011800.jpg

遅ればせながらKO梅ファミリー登場。
親父は我慢ができなかったようです。
サブローもちゃっかりついてきて、もう完全にKO梅ファミリーの一員ですね。
KO梅の「うん!」は親父に向けてなのか、サブローに向けてなのかは言わずもがな
31_20090926011815.jpg

愛の力で打ちました
KO梅さんガッツポーズ!!親父は少し黙ってろ。
そしてツーアウト1・3塁でバッターカッス。
これが日ハム小笠原ならスリーランなんだが・・・。
やっぱりGG、kzは安パイ扱いなのねw昔、あまりに打てない下位打線のことを「ティータイム打線」と称した人がいましたが、桜花の5ー9番はまさにティータイム。
32_20090926011640.jpg

その上8・9番が絶望的な点は吉見が投げてないときの横浜みたいな感じです。
しかしそこは男岩崎、許婚との勝負は逃げるわけにはいきません。ここで逃げたら男がすたるというか、今後どちらが家庭の主導権を握るかを占ううえでも大事な一戦であります(二戦目は夜に行います)。
要は一足早めの夫婦喧嘩ですね。このカッスの空振りの仕方も様式美。

33_20090926011656.jpg
34_20090926011657.jpg

さすがカッスはぐうの音もでないぐらいの畜生だな

まさかの三塁線セーフティースクイズ!!!
逃げたのはカッス!逃げたのはカッス!
いや、これは完全なカッスの作戦勝ちというべきか。胡蝶のセーフティにしてもカッスのスクイズにしても、タイミングが絶妙すぎて「スタッフ、わかってるな」って感じです。まあこれ実際に相手にやられたら切れますけどね。打者がイチローだと多分めちゃくちゃ叩かれるんでしょうけどね。
35_20090926011702.jpg
35b.jpg

バッカじゃないだろうかルンバ
相手の守備の隙をついて一塁から一気にホームへ突撃するKO梅!
tv1253816911560.gif


見たか!これが神風の精神なんだよ!三塁コーチャーは多分胡蝶なんで回したのも胡蝶。ってことは胡蝶は伊原でもあるということか・・・。すげぇな。
35c.jpg

しかし最後の最後で痛恨のスライディングミス!!
ああ、ムネリンの神の手にはならんかったか・・・。滑りすぎて・・・。

朝香シリーズ戦犯KO梅
無常にも宣告されるアウトコールでゲーム摂津
しかしその負けは「残念ながら当然、女らしい最後だったといえる」なんてものじゃありませんでした。勝てたし、勝つチャンスもあったと思う。それだけ練習していたんです。
「なぜあんな無茶をしたのか」「戦犯KO梅」「ルンバ」そんな言葉も聞こえるかも知れません。
しかし、カッスの後ろがGG、kzという完全な安パイであったことを考えると、同点に追いつけるチャンスはあそこしかなかったといえます。KO梅の判断は正しかった。強いて言えば、「結構余裕あったぽいから手からじゃなくて足から滑り込めばよかったんじゃね」ってことだけです。
36_20090926011540.jpg
36b.jpg
36c.jpg


デレた!!デレた!!カッスがデレた!!

まさかカッスに性的に興奮するときがくるとは・・・。やっぱりツンデレのデレは最高です。
そして二岡が大松化wそこはそっと見守ってあげようぜ・・・。
やっぱり岩者は男らしいですなあ。9回8失点の何がいかんのですか!
ってこれで終わり?なんとも味気ない・・・。
37_20090926011547.jpg
38_20090926011602.jpg


と思ったらCパートキター

制服きたKO梅とサブロー
完全にデレてるKO梅。なんだこのバカップルw
試合に負けたけどいつの間にか呼び方が「KO梅さん」になってたぜ。
畜生サブロリめ!お幸せに!これからの日本は「産めよ増やせよ」なんでお国のために大いに貢献してください。あと絶対に広島とか長崎にはいかないこと!


朝香シリーズのまとめ
≪二岡が投手陣に激怒絶叫≫投手陣のふがいなさに試合後、ベ
ンチ裏で片岡が絶叫した。「一緒や!打っても!」今季、何度も繰
り返される投壊現象に我慢も限界。「あかん、こんなんじゃ。いつも
同じシーンを見ている。いくら点を取っても勝てない」とまくしたてた。
投手陣に対する野手陣の不信感増大。チームにとって最悪の後半
戦閉幕となってしまった。(2000.9.24 対朝香 旭川スタルヒン球場)


ついに終わってしまった・・・。かなり面白かったと思います。最初の東京節で切りかけて後悔するところでした。なんでこんな長ったらしいレビューかくのにこんな労力つぎ込んでるんだろうとか思いつつ、その作業もまた面白かったり。
今回試験的にGIFアニメを挿入してみたんですが、仕様なのか500KBまでしかうPできず・・・。
サイズそのままにGIFアニメをブログにはる方法ってないんでしょうか。

ドラマCDが出るらしいので、まだまだ大正野球娘は(少なくともBD終わるまで)続きます。
BD特典で後日談とかTBSお得意の特別編とかもういっそ2期とかそういう展開があったらいいね。

とりあえず大正野球娘の感想はこれで終わりということで、来週からは「とある科学の超電磁砲」に切り替えていく。

参考:第12話反省会場(敬遠さん)
関連記事
コメントとかしてもらえると喜びます

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大正野球娘。 第12話「土と埃にまみれます」(最終回)
櫻花會ナインのファイトあふれるプレーに感動!! いやー、いい最終回でした! 今期のJ.C.STAFF作品はどれも当たりですね♪ ついに晶子が捕まり、一時は3-9と6点差をつけられてしまった櫻花會ナイン。 単調な配球を読まれたのかな?と思いましたが、晶子の投球...
大正野球娘。 第12話 「土と埃にまみれます」
晶子の魔球が見切られピンチの桜花会。 ついに逆転されてしまう…。 違う魔球を晶子が投げるけど、まだこれは小梅が受けれずさらにピンチに...
(アニメ感想) 大正野球娘。 第12話(最終話) 「土と埃にまみれます」
大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray]クチコミを見る ついに朝香中学との試合が始まった。序盤は、巴の打撃と晶子の魔球が威力を発揮し、桜花会がリードする。しかし、晶子の魔球に対策を講じた朝香打線は五回表、ついに逆転し、なお突き放していく。大量リードを...
大正野球娘。 第12話「土と埃にまみれます」(最終回)
見破られた魔球! やせ我慢して鍋をかき回す小梅父! 果たして櫻花會は浅香中に勝てるのか!? 最終回も直球王道で爽やか! 面白かっ...
大正野球娘。 第12話(最終回) 「土と埃にまみれます」 感想
ついに朝香中学との試合が始まった。 序盤は、巴の打撃と晶子の魔球が威力を発揮し、桜花会がリードする。 しかし、晶子の魔球に対策を講...
◎大正野球娘。第12話最終話「土と埃にまみれます」
魔球を見抜かれたアキコさんは連打を浴びる。そして、ホームランで逆転される。アンナ先生は、魔球でカウントをとって、苦手なコースを攻める作戦。コウメの親父さんは試合を見に行かない。そして、点差は開いて後半戦になる。そして、ユキさん負傷。しかし、試合続行する...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。