スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメントとかしてもらえると喜びます

米野が加入したでござる

米野、お茶wといえば一部で有名なネタでありますが、これがどういう意味なのかはいまだにわかってはおりません。
ただひとついえることは、そんなネタがでるくらい、米野はヤクルトにおけるネタ選手だったということです。

米野は長年古田の後釜として期待され続け、一時はレギュラーを張ったりもしましたが、相川のFAによって立場がなくなり、いまや6番手保守という現実
米野クラスが6番手とは、どんだけ捕手あまってんだよと

ヤクルトは長年捕手に困っていたはずなのに


いっぽう西武ライオンズ、正捕手細川をはじめてして、若手の銀次郎 ベテランの野田、打撃のいい上本(都市伝説の吉見)といった選手がそろい、捕手には当分困らないとか、毎年野田の放出が話題になったりとかしていました

しかし銀次郎と野田の怪我で状況が一変。ということでトレードで捕手を獲得することに相成ったわけです。

投手の山岸を放出して


山岸好きだったんですけど、こればっかりは仕方ないですね。もう速球もまともに投げれませんし。
投手が放出できるぐらい余裕ができたと。チームとしてはすばらしいことです

田中は怪我をしてしまいましたが、武隈は初勝利をあげましたし、若手が育ちつつあります
藤田 長田 シコースキーはもはや勝利の方程式です

大沼 小野寺も加わって、俺達幹部がそろい踏みです
これで日本一なら、僕は泣きます
関連記事
コメントとかしてもらえると喜びます

コメント

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。