スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメントとかしてもらえると喜びます

おめでとう鳥谷!サニキのフルイニングが1492試合で終わった件

物事には、ほどほどにしなければならないことがあります。
あんまりやりすぎると、相手は対策したり、逃げたりしてしまいます。
自分が最も得をするには、生かさず殺さずの絶妙なバランスを保つことが寛容なのです。

先日の横浜ベイスターズの行為は、目先の勝利にこだわった結果であり、今後のセリーグの情勢を大きくものになってしまいました。
すなわち、サニキ集中攻撃です。まぁ、久しぶりに勝てそうだからとか、目先の勝利にこだわらないとまた最下位だよとか、そんな主張もわからないではないですが。
横浜による集中攻撃によって、流石のサニキも心が折れてしまったようです。
そりゃそうです。パワプロなら肩Gよりも下のランクになりそうな状態でしたし。

サニキがレフトにいることは、阪神にとって大きな枷でありました。
赤星が腰をやり、引退したのも、サニキの守備による影響が少なからずあると思います。
鳥谷はショフトに、マートンは来日してまもないにも関わらずセフトとして他の選手の何倍もの負担のなかがんばっています。
恵まれているといわれている阪神の投手陣が倒壊ぎみなのも、サニキ集中攻撃の影響があると思われます。

サニキはハンディなのです。ドラゴンボールでいう胴着、テニスの王子様で言うパワーアンクル。


横浜は、眠れるトラを起こしてしまいました。
阪神がハンディを自ら解くときがついにきたのです。

阪神がフルイニングの呪縛から解き放たれしとき、セ界の形は大きく変わる・・・


でも、代わりのレフトが葛城というのをみて、「サニキいてもいなくてもそんなに変わんないんじゃね?」と思ってしまいました。
ついでに、阪神が待望しているGG佐藤は怪我で2軍オチなのであしからず

なにがいいたいかというと
横浜空気嫁よ、と。
せめて交流戦が終わるまではサニキフルイニングやっておいて欲しかった…
関連記事
コメントとかしてもらえると喜びます

コメント

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。