スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメントとかしてもらえると喜びます

京都へいったんですわぁ・・・

先日行った京都観光について詳細をば

9:00 宝塚駅を出発(JRで京都までいってから、奈良線へ)
11:00ぐらい 宇治に到着
とりあえず、平等院まで歩いていこうと、ひたすら道なりに歩いたわけです。その過程で、お茶屋さんにつかまり、そういうセールスにノーと言えない私はしぶしぶ店の中に入ってしぶい宇治茶を頂いたわけです。で、さすがにお茶をもらって「それじゃあ帰ります」というのも気が引けるし、かといってお茶もいらねーよとなんか色々葛藤してました。
結論「お茶菓子ってありますか?」
羊羹をおみやげがてら買いました。いきなり。さっそく。お茶の値段票と一緒に。お茶買わなくてすいません。
「駿河屋」ってお店なので、気が向いたらお茶を買ってください。僕の代わりに。

近いところに橋姫神社というのを見つけました。ちっちゃいところでしたが、源氏物語にでてくる有名な「橋姫」を祀ってるところなんだそうです。橋姫というのは、男に裏切られた女性の怨念がどうこう・・・。いわゆるホラーですな。
PA0_0036.jpg
←橋姫神社
途中道を間違えて、県神社方面へ向かう。この瞬間もう平等院なんてどうでもよくなりました。
県神社は「何もなかった」。サクヤ姫っていう有名な神様を祭ってるところみたいなんですが、とくに見所なし。
受付のおばちゃんに話を聞こうと思ったらずっと電話してるし。もうええわ。
PA0_0035.jpg
PA0_0034.jpg
←あがた神社
そこからまっすぐ歩くと、平等院の裏口が見えたわけですが、華麗にスルー。拝観料も高いし、過去に2回見てるし。もう、ここまできたら宇治一周してやるとか、変にヤル気がでてきました。
ぐるっと回って喜撰橋へ。
宇治茶で有名な上喜撰はここからきてるんですかね?
ここにあるお店で、修学旅行の時にお昼ごはん食べたことを思い出しました。
ここらへんは川も綺麗で絶景ですね。飛び降り危険!
PA0_0033.jpg
PA0_0032.jpg
PA0_0031.jpg
PA0_0030.jpg

次は興聖寺へ。琴坂がいい感じで坂でした(笑)林の中を突っ切るのは気持ちイイ!
興聖寺自体は、禅宗の立派なお寺。毎週座禅修行とかやってるらしい。
中の参拝は300円ほど包めばおkだったみたいですが、誰もいなかったので外をぐるっと回ってトイレを借りて終了。
PA0_0029.jpg
PA0_0028.jpg
PA0_0027.jpg
PA0_0026.jpg
PA0_0025.jpg
PA0_0024.jpg

すぐ近くの恵心院は、小さなお寺といった感じ。葵の御紋があったので調べてみたら、春日局つながりで徳川家にかかわりがあるからなんだとか。
PA0_0023.jpg

宇治神社は普通の神社(なげやり)
PA0_0021.jpg
PA0_0020.jpg
PA0_0019.jpg

で、次に宇治上神社に行こうと思ったんですが、そこで少しさまよう(方向音痴の僕にはよくあること)
実際は宇治神社の近くにあったりするとか・・・(⌒,_ゝ⌒)クソが・・・
宇治上神社は流石世界遺産というか、歴史を感じました。お祓いしてもらってる家族がいましたが、あれ多分受験生ですね。自分もお祓いしてもらいたいです。「彼女ができない悪霊」に憑かれて困ってるので。
PA0_0017.jpg
PA0_0018.jpg
PA0_0016.jpg

そのすぐ近くにあった「源氏物語ミュージアム」が個人的には面白かった。
500円は高いかなとかちょっと思ったんですが、中で上映されていた「橋姫」という映画だけでネタ的にはお腹いっぱいです。
源氏物語といえば、光GENJIがかたっぱしから女をコマす物語、平安のケータイ小説として有名ですが、最後の10章は宇治十帖として宇治が舞台になってるのです。
そんな宇治十帖について、ドラマ化したのがこの「橋姫」。
要約すると、薫と匂宮が女を取り合うという話です。欲望のままに。
「垣間見」とかいって、あれ絶対今でいう田代ですわ。もしくは火サスの犯罪者。
その中で、匂宮と浮舟がナニしてるところがあって、「(⌒,_ゝ⌒)きましたわぁ」とか思ってたんですけど、いきなり浮舟(若いねーちゃん)がおばさん(喘いでます)に変わって、「(⌒,_ゝ⌒)!?」
俺のワクワクを返せ!
とまぁネタ的に面白かったワケですが、源氏物語をちゃんとわかってないと苦痛でしかありません。
自分も古文は嫌いだったので(ガチ文系)、薫とか匂宮とか、人物関係の把握がめちゃくちゃ。
とりあえず紫の上が萌えキャラだということしかわかりません。
悔しかったので、博物館の中にあった資料室で、「よくわかる源氏物語(どうみても受験生向け)」を読みました。
個人的には玉鬘が好きですね。黒髭に寝取られるんですけど。源氏物語って本当に時代を先取りしてますね。
源氏物語ミュージアム、古文が苦手な高校生にはおすすめですなw
これで宇治観光は終了。もうこの時点で自分の足は限界に来てました

京阪宇治駅から木幡駅
木幡は別に特に観光地はありません。
ではなぜ木幡か、それは京アニのスタジオがあるからにつきます。別に自分は京アニ信者じゃないんですが、せっかく京都にきたし、行ってみようということで、わざわざ来たわけです。
京阪木幡駅からすぐのところに京アニ第二スタジオはあります。
ここはなにが凄いかというと、京アニショップというのがあるのです。
「アニメイトで足りるだろ」とか「通販安定」とか、そういう無粋なことをいっては観光は楽しめません。
やっぱり本場ですし。
ショップなんですが、奥でアニメーターさんがセル画描いてました。要はショップはあくまで副業という感じなのです。もっとゆっくり現場を見たかったんですが、チキンな俺は、会計のときにちらっと見ただけ・・・。
おみやげは「けいおん」のトランプ1500円。高いか安いかは知らない。
パラパラ漫画みたいになってて、アニメらしい出来になってます。いや、まぁなんか買えたらそれでよかったんですわぁ・・・。
PA0_0015.jpg
PA0_0014.jpg

そこから、次は第1スタジオを見に行こうと思い、JR木幡駅を探したのですが、地図がなかったのもあり盛大に迷います。ひたすら迷い、何キロも「ありえない方向」に突き進んでいました。
道聞いたらもう通り過ぎてたとかありえない!
第1スタジオはJR木幡のすぐそこ。ハルヒの映画のポスターとか貼ってありました。流石に中に入れる雰囲気じゃなかったので自重。外から写真をとっただけです。
PA0_0013.jpg

JR木幡からJR京都へ、そこからバスで東山へ向います。
向かったのですが、木幡でのロスが響き、この時点で16時、多くのお寺は終わってしまう時間です。
仕方ないので、銀閣寺は諦めて南禅寺へ。
で、いろいろ見た後、インクラインをたどり、河原町へ戻りました
PA0_0012.jpg
PA0_0011.jpg
PA0_0010.jpg
PA0_0009.jpg
PA0_0008.jpg
PA0_0007.jpg
PA0_0006.jpg
PA0_0005.jpg

河原町から少し歩いて、八坂神社を参拝(このときすでに18時)。
もう真っ暗なのでナニも見えません。とりあえず、参拝だけできたのでよし。
PA0_0004.jpg
PA0_0003.jpg
PA0_0002.jpg

そして河原町へもどり、アニメイト京都を探します。案の定迷います。

アニメイト京都は隣にメロンブックスがあるんですね。はっきり言って秋葉原で事が足りるなと思いました。(せまいし)
そのすぐ近くにクレーンゲームばっかり置いたゲーセンがありまして、最近クレーンにハマってる自分としては血が騒いだのですが、なんか仕様が違う…?
高かったし、万が一抱き枕とかフィギュアとかとっても持って帰れねぇよと思って自重。
そこにいた小学生?ぐらいの三人組が「うお、これレールガンやん。超欲しいわぁ・・・」と言ってるのを聞いてげんなり。日本は間違った方向に進んでるんでしょうか。

19時梅田で待ち合わせをしてたのですが、こんなこともあって盛大に遅刻したのはご愛嬌。

翌日、酷い筋肉痛に悩まされるのであった・・・。



関連記事
コメントとかしてもらえると喜びます

コメント

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。