スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメントとかしてもらえると喜びます

最近の超電磁砲について

はっきり言うと、ここのところ超電磁砲は見てません。


理由はよくわからないけど見てません。
木山先生のところで燃え尽きたっていうのもあるし、上条さんがでないからっていうのもあると思います。


多分何より、JCのオリジナルが怖い、怖すぎてみようと思えないからだと思います。


自分は禁書の美琴も超電磁砲の美琴も割と好きですが、アニメ超電磁砲での扱いには疑問です。


一部ではKYキャラとかいわれてるしね。レベルなんて関係ないじゃない!


あ、あと、なんかニコニコとかで有名になってアレな感じになったからっていうのもあるかもしれません。
禁書のときは、「なんでとらドラしかMADねえんだよ、禁書作れよ」とか思ったもんですか、乙女心は複雑なのです。


そんなわけで超電磁砲のOPとEDが変わったらしいという話はきいていましたが、実際聴くには及ばず放置していたわけです。
が、まあ故あって先日聴く事に成りました。

OPがブルーシードのカルナバルバベルに似てるという話を聞いて、ワクワクしてたんですが、いうほど似てるかなぁ?
カルナバルバベルのほうが好きだなぁ。
fripらしい疾走感あふれる曲で、「こんな感じのfripの曲あったなー」って感じで聴いてました。こういう曲僕は好きですけどね。

どうでもいいけど、「ブルーシードわからない」とか、「何この歌」とか言われると自分も歳食ったなぁと思っちゃいます。
1994年からの黄金期を知らない世代が、今はネットにはびこってるんですよね。
エヴァは通じても、ナデシコは通じなかったり、スレイヤーズは通じても爆裂ハンターは通じなかったり。

懐古厨はだまれっていわれたらそれまでなので、昔を持ち上げたり、今を下に見たりする気はさらさらないですが、この時代があったから今があると思うと自分が当時ハマッてた理由も納得。
はまってたっつっても子供が毎週楽しみにみてたレベルですけど。

思えばこのあたりから自分の今の下地ができあがってたんじゃないかと思われるw

とりあえず当面の間超電磁砲は電撃の漫画のほうを毎月楽しみにするようにします。
3月には禁書の新刊もでるしね!
関連記事
コメントとかしてもらえると喜びます

コメント

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。