スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメントとかしてもらえると喜びます

注目選手を獲得するとこういうメリットがあるのか・・・

西武ライオンズが菊池雄星投手を獲得したのは昨年10月。
「みんなの菊池雄星くん」から「西武の菊池」に変わってもう3ヶ月ほどたつわけです。

よくネットとかで、「西武に入ってから菊池の人気が落ちた」とか「菊池がどうでもよくなった」とか「ってか入団早々「西武はメジャーへの近道」なんて言われるってどうよ」なんて言われるのを目にします。

ときどき西武ファンとしても強がり半分で、「うちはスター選手(あくまで西武ファン視点)とかイケメンが多いから、菊池一人入ってもかわらない」とか「ここ2年でわりと人気出てきたし」なんて返しも見たりします。


で、あくまでこれは自分の考えですが


菊池効果は間違いなくあると思います。


っていうか西武の選手の自主トレの様子が毎日のようにこの時期にテレビで見れるなんてありえません。
夕方のニュースとかにおも普通に出てるとか、最近は巨人の選手でも少なくなってきたのに。
人々の関心事項が「菊池雄星」に向いてるものだとしても、連日テレビでは「西武の菊池雄星が~」としてテレビには流れます。
これだけでも、今まで西武に関心が無かった人に関心を持ってもらうには十分です。「別に西武は好きじゃないけど菊池は気になる」、そういった人が気がついたら涌井とか中島、岸といった選手の名前をいつのまにか覚えていく。
球団の宣伝としてこれ以上のことがあるでしょうか。
数年前松坂資金で球団のCMをつくったなんてことがありましたけど(黒歴史)、CMよりも遥かにPRになってると思います。


ってグダグダと書いてみましたが、実際まだ効果が目に見えてわからないのが現状です。
うむ、具体的に「西武ファンが増えた」とか「球団の利益が増えた」とかあれば…。

っと思ったらこんなのを見つけました
最新メディア情報
☆ 1月23日(土)
【メディア名】IBC岩手放送「じゃじゃじゃTV」.
【放送時間】9:25~11:25.
■菊池投手へのインタビュー
■西武ドーム内の案内
■ライオンズ応援グッズの紹介
■西武園ゆうえんちの紹介
■西武線沿線スポットの紹介
http://www.seibulions.jp/news/detail/2558.html


岩手では二時間かけて、西武球場とその近くについて宣伝してくださるそうです。

これは、あれか。菊池雄星を応援に岩手から所沢まで行こうぜってことか。
ちなみに球場があるとこは多分盛岡よりはるかに田舎だと思いますが、それは内緒ということで。

「西武の菊池雄星」になっても、岩手の人々にとっては「地元の星の菊池雄星」のままなんですね。
そして、彼の応援のためにわざわざ岩手から所沢に応援にでむいてくれる人が増えるとしたら。
これを菊池効果といわなくてなんと呼べばいいのでしょうか。

西武遊園地ってあの付近の中学生の初デートの定番とかよくプリキュアがいるところって認識してるんですが、多分ディズニーランドにいったほうが楽しいと思います!

球団は公式で、花巻市民優待ツアーをやるべきだと思います。格安で。(やってたっけ?)

今年のライオンズは集客面でも期待してます。
こんなこというなんて、数年前では考えもつきませんでしたが。
順位の方は、投手の補強はシコースキーだけで、現投手陣(つーか俺達)の成長はもはや絶望ってきなことから考えて、野手のパフォーマンスが去年と同じとした場合、3位と予想しておきます。
当然、優勝はしてもらいたいですが。つーかAクラス予想しちゃうあたり自分はやっぱり西武ファンなんだなぁと思います。(ちなみに1位予想はハム。小林繁さんの死がチームを団結させるとか、そういった展開になりそう。いえ、決して池田先生のもと団結してるとかそういってことではなく
なんだか今日も長文書いてしまった。

まとめると、岩手の西武特集見たいってことです。
関連記事
コメントとかしてもらえると喜びます

コメント

ファンクラブ
はじめまして。

雄星くん大好き人間です。
西武と仮契約をした後、速攻でファンクラブに入りました!
プロ野球のファンクラブに入るのは生まれて初めてです。
中島選手とか涌井選手とか岸選手、覚えましたよ~

雄星くん見たさにスポーツ新聞も買うようになりました。
なんかオジサンっぽいですが、雄星くんのためならば!

雄星くんの人気はますます上がっているとおもいますヨ。
彼の人間性が人々を惹きつけていると思います。
雄星くんともどもライオンズも応援していきますので
よろしくお願いします。あ~あ、岩手のTV観たいな~(泣

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。