スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメントとかしてもらえると喜びます

いまさら「大正野球娘ドラマCD」感想

【遅報】大正義野球娘ドラマCD、発売


ということで、最近手に入れた大正野球娘の感想でも

第一話 「桜花会、再び」

舞台は朝香戦後
KO梅のルンバで幕を閉じた死闘で燃え尽きた桜花会、日々カッスは妄想をして過ごす日々。
黒子監督がアフリカで女囚アマゾネスを率いて敵になるとか、どうなのよ。

そんな中、朝カスに天罰が下ります。日本の野球エリートを強奪集めた、まさに大正義な球団に完膚なきまでにやられたのです。
なお、おそらくそお試合の戦犯である岩者は「球が見えない」の一言を残し無様にも逃走。
っていうかカッスが岩者にデレデレで噴いた。「卑怯者-」とは一体なんだったのか…。
毎日電話を欠かさないとか、もうやだこのバカップル。

で、なんだかんだで、アサカスの敵討の名のもとに、大正義桜花会の暇つぶし闘いが再び始まります。
相手は「アース野球団」、星井雄馬と花笠充を擁する大正義球団です。

星井は、「アースの星」という名は伊達ではなく声も古谷徹なアレでしたが、最初は舐めてかかったため初回に4失点してしまいます。星井ンゴwww
胡蝶は相変わらずのゴキヒットだったり、二岡はドームラン禁止だったりでいつもどおりの桜花会。
しかし魔球(大アースボール二号)の封印をといた星井によってその後はゼロに抑えられてしまいます。
っていうかGGのとこで魔球解禁とか、GG桜見相変わらずのヤラレ役っぷりw

一方、桜花会のエース(笑)であるカッスも相変わらずの炎上っぷり。
KO梅「お姉さま、あれをつかうわ!」
カッス「ええ、よくってよ」

くじけちゃーうわーだーめな晶子ー

スーパーイナズマキック魔球ナックルも四番花笠の「ペガサス流星打法」によってホームランされる始末。ジャコビニ流星打法とペガサス流星拳(古谷的な意味で)をかけてるんだろうなw

大アースボール二号に苦しむ桜花会ですが、名誉スコアラーノリが弱点を発見。足を振り上げた土埃で球が消えるのだ!!
ねーよwwwwwwwww

そこで十番小町であるKO梅にひとつ演技を頼むメガネ。メガネはこの件に関して絶対許さない!
KO梅の挑発で我を失う星井。
「僕が一番うまく魔球を使えるんだ-」

別のキャラになってるぞ星井ンゴ。そしてビーンボールがKO梅を襲います。ああ、これが大アースボール1号ですねわかります。

コレをきっかけに花笠と星井ンゴの喧嘩が勃発。
「殴ったね?」「エゴだよそれは!」
もはや完全にガンダムである。
桜花会もジャッジメントアメリカ仕込みの乱闘をアンナ先生がやり始め、試合は完全に黒歴史となったのであった。

結論
星井ンゴwwwwww
カッスンゴwwwwww
十番小町KO梅

第二話 「恋を変する人」

簡単にまとめると
二岡の様子がおかしい(いつものこと)
KO梅だけでなく胡蝶にも惚れた…だと…(しゃーない)
KO梅「さよなら、浮気者☆」
GG桜見、二岡妹間で軍事同盟締結。OK、今から胡蝶を排除に向かう。
同軍事同盟、胡蝶に先制布告。なお胡蝶は足に関してのライバル宣言と受け取った模様(GG桜見、バッファロー走法いけるやん!)
同軍事同盟、二岡に餌付け。二岡妹「鏡子・・・おそろしい子!」
同盟破棄、GG桜見&二岡妹、二岡を巻き込んで噴水にダイブ(赤星なら引退するレベル)

結論
二岡はやっぱりバカでした(風邪に気づかない的な意味で)
GG桜見wwwwwwwwww(胡蝶と勝負的な意味で)

二岡妹の歪んだ愛情オソロシス・・・

第三話「大正ラヂオ娘。」


結論

釣りでした


スコアラーノリによってもたらされた誤情報に踊らされた桜花会。
みんなでラジオ出演、カッスを晒すことで全会一致(カッスを除く)

しかしただのインタビュー取材だけでラジオ出演は無かった
ノリは絶対許さない

「野球はベイスボール、なら米化が筋なのに、桜花会とはこれいかに」
こいつは何をいってるんだ…
野球はベイスボール、なら横浜が強いのが筋なのに(ry

これでドラマCDは終了ー。
二期はどうにもなさそうですが、またドラマCDとか出さないのかな。
BDも安定飛行を続けてるみたいだし。
関連記事
コメントとかしてもらえると喜びます

コメント

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。