スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメントとかしてもらえると喜びます

とある科学の超電磁砲 11話 感想 他

木原クンは絶対に許さない



意外と早く追い込まれた木山先生
しかも初春にワクチンくれるとか意外と良い人です。
とか思ってたらアンチスキルがうかつに踏みこんだせいでデータ全消去。
その技術をオレにくれ!!切実に!!パソコンの中身はブラックボックス、これは男なら当然です。
そしてアッという間に包囲された先生。やべぇ、アンチスキルがまともに働いてるところ初めて見た。こいつら税金泥棒じゃなかったのか。

1_20091212205258.jpg
禁書から黄泉川先生がゲスト参戦!
レベル3ぐらいまでなら素手で倒しちゃうような凄腕です。ちなみにとある高校で教師をしてます。

2_20091212205259.jpg
そんなんの関係ねーとばかりに木山先生がギアスを発動。
あほなアンチスキルが操られたり、ふきとんだりやりたい放題。
って木山先生スゲー
デュアルスキル?マルチスキル?違いはよくわからないけど、これ突破できるのは上条さんぐらいなんじゃないのか?

3_20091212205259.jpg
美琴「アンチスキルが全滅…?」
全☆滅☆D☆A
とここで遅ればせながら最近空気ぎみだった主人公が登場。
いやほんと美琴からは主人公オーラがプンプンします。

4_20091212205259.jpg
レベル5の美琴でも突破できない木山先生の能力。
十分美琴の能力も汎用性が高いと思うけど、木山先生とは格が違った。
テレポートまで使うなんて…さすがにこれはやりすぎだろ。

6_20091212205241.jpg
でも美琴はやられません、だって主人公だから!

即席の盾とかどんだけ磁力って便利なんだよと一人ツッコミ。
ついにゼロ距離の必中かみなりで木山先生を倒します(流石にこれは上条さんも耐えないと思うんだ)。

7_20091212205241.jpg
そして電気を通じて流れてくる木山先生の過去!だからどんだけ電気便利なんだって!
ってこのジジイ、やっぱり「KIHARA」だったのかw
原作では隠れてたからなぁ。まあ木原なら納得だわ。息子だか孫だかが木原神拳の習得に命をかけてることについてどう思ってるのか聞いてみたいものです。

8_20091212205242.jpg
9_20091212205242.jpg10_20091212205242.jpg

けいおんから律ちゃんがゲスト出演!

入浴シーンもあるでよ。週に2回のシャワーしかだめって、これ人道的にどうかと思うぞ学園都市ェ
「学園都市の役に立ちたい、そのために能力者になりたい」
そんな子どもたちの夢は非人道的実験によって儚く散るのであった。そして彼女はドラムを始めることに…
これはトラウマになるわ。木原は絶対に許さねぇ。
そしてこの一連の流れで木山先生株がストップ高。あれ、これどっちが悪者なの?

11_20091212205242.jpg12_20091212205221.jpg
13_20091212205221.jpg

とこれだけでもかなりの盛り上がりなんですが、一連のネットワークの暴走によって何かが目覚めます。
これは一体何なのか。胎児?木山先生妊娠してたの?となったところで次回へ続く。
次回はサービスシーン(?)もあります。盛り上がりも最高潮!

正直、次回で最終回でもおかしくない展開ですが、超電磁砲はまだ続くようです。続くのはいいけどオリジナル話が結構入るらしく、そこに一抹の不安。子萌先生がでるのはうれしいけどね。
アクセラレータ戦までいけば、最高に盛り上がるのはマチガイなしなんですが、尺的に不安だ…。尻すぼみにならないことを全力で祈ってます。

最終回といえば、その他のアニメも実質最終回だったり、クライマックスに近づいたりしてるそうで。

例えば,「11eyes」ではヒロインがヤンデレ化、恋敵に「カミソリ入り紅茶」を渡すという狂気の展開。11eyesハジマタ。
今まで空鍋とか空電話とかは聞いたことあったけど、カミソリティーはないわ。新ジャンル登場の瞬間である。
このヒロイン、他にも下着で日向ぼっことか、頭どうかしてるんじゃ…。

次に「けんぷファー」、けんぷファーといえば有名声優を多数使い、「しずかちゃんのために見てる」という人が多数派を占める糞アニメとして注目されていました。
14_20091212205221.jpg
そんな中、10話で会長が爆発的な人気を獲得、アマゾンランキングではにゃんこいに大差をつける予約数になり、最終回に注目が集まりました(この会長、自分にはひたぎさんにしかみえない、でもそこがいい)。
15_20091212205221.jpg
16_20091212205221.jpg
17_20091212205222.jpg
そいで実質最終回でヒロインが敵に。
18_20091212205201.jpg
19_20091212205201.jpg
20_20091212205201.jpg
21_20091212205202.jpg
あげく主人公まで敵側につくという意味不明展開。そして主人公の「ハーレムがいい宣言」とともに臓物アニマルによって歌われる「歓びの歌」(野村道子、田村ゆかり、水樹奈々、能登麻美子)。
もう何が何やらわかんねーぜ。無駄なエロと超展開で無様にやられるヒロイン。ある意味この光景はシュール過ぎる。
そして極めつけは最後の逆セクハラ。
これはある意味伝説のアニメといっていいのではないでしょうか。
っていうかヒロインがカッス顔な件www

ついでに、けんぷファーのライバルである「にゃんこい」では
アイキャッチでまさかの禁書ネタがwww
pa1260466579690s.jpg

いいのかコレwどうせならインデックスの方もネタにしてくれ。郵便のお姉さんも美琴だし。

おまけだけど「生徒会の一存」は日本ハムファイターズ公認アニメなった模様。
22_20091212205202.jpg
23_20091212205202.jpg

稲葉ジャンプ飛んでたとかいうんじゃねーよ。次は日本ハムファイターズの多田野公認でアニメ作るべき!
関連記事
コメントとかしてもらえると喜びます

コメント

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。