スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメントとかしてもらえると喜びます

とある科学の超電磁砲 第10話 感想

ジャッジメントですの!

久しぶりのアニメ感想

とある科学の超電磁砲「バイバイ佐天さん」感想
1_20091205211319.jpg
2_20091205211320.jpg

佐天さん、つこうたのか・・・。
今までのコンプレックスが爆発した瞬間でした。
ちなみに佐天さんの能力は、風力使いかなんかですかね。

4_20091205211257.jpg
5_20091205211230.jpg
6_20091205211231.jpg

つこうた奴らが大量に出現。
ジャッジメントですの!
さすがも黒子も、流石に苦戦したようで、半裸にひんむかれたんですの。
原作だとこの怪我は前回の屈折野郎で負うんですけどね。
しかし初春口悪いなw
7_20091205211232.jpg

お姉さまがギャグ要員になってるんですの!
共感覚性がどうのこうのでレベルアッパーを理解した美琴たち。
とりあえず木山先生に相談することに。
「ツリ-ダイアグラム、世界一のスーパーコンピューターですか」という初春のセリフは時代を反映したものなのでしょうか。池沼事業仕分けされなくてよかったね。
おい蓮舫!これでわかっただろ、スーパーコンピューターは世界一じゃないと意味が無いんだよ!!
8_20091205211232.jpg

アケミ、倒れる。
一体ウン百万円するロボットで遊んだりするから…。
このあと、初春と佐天さんの感動的な会話、熱い友情シーンがあったりします。うん、初春はいい奴だ。
道端でやってるとなんだか頭がおかしい人に見えるけど…。
まぁ初春だし。
9_20091205211233.jpg
10_20091205211233.jpg

佐天、堕つ
なんかこの構図、スラムダンクあたりで見たことあります。
しかし、この一連の騒動で病院は大忙しですね。
美琴はこのことに関し責任を感じた模様。いや、前回の「レベルなんて関係ない、ジャッジメントですの」はひどいと思うよ。
レベル5とかいうけどこういうのは全然駄目っていうのは、あれですか、恋愛とかですか?
11_20091205210933.jpg
12_20091205210934.jpg

禁書キャラ登場その名も「冥途帰し」
カエル顔の医者キター。
美琴歓喜wwwでもそんなにゲコ太に似てるか?
この人が数日後にとある少年の治療に追われることになるとは…。
まあこの人、瀕死の某をサイボーグにしちゃう機械とか作れちゃうぐらいだからなぁ…。
おかげで脳波パターンとレベルアッパーの仕組みがわかります。

文系には苦痛です
長ったらしいレベルアッパーの説明。説明乙としかいいようがないですw
要約すると、なんだ、みんなで分担して宿題やろうぜってことか?
で、脳波パターン調べてヒットしたのが…
13_20091205210934.jpg

木山先生ェ…
木山討伐に美琴も出陣します。ここんところ空気だったし、誰が主役なのかわかんない展開が続いたので、彼女もたまってたんじゃないでしょうか。まぁ禁書の方も「禁書目録」が空気だったりするし、これは伝統といってもいいのかもしれないですけど。
15_20091205210935.jpg
16_20091205210941.jpg

「こんな時ぐらいお姉さまに任せなさい」
なんとなく黒子が惚れる理由もわかった気がする瞬間でした。ていうか美琴から漢を感じる。
カワイイよりもカッコいいのほうが似合うヒロイン、それが御坂美琴。
でも個人的には禁書のときのお姉さまのほうが好きですの!

次回「木山先生ェ」
なんか木山先生の邪気眼が発動してて笑えた。
まぁでも所詮中ボスなんだよな木山先生…。


彼女がレベルアッパーを使ったから、12月6日は佐天記念日
upload_20091209144741.jpeg




関連記事
コメントとかしてもらえると喜びます

コメント

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。