スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメントとかしてもらえると喜びます

ひきこもり、社会に出る 第一話

ボクは大学時代引きこもりだった。
都内にある学生だけが無駄に多い私立大に通っていたのだが、引きこもっていた。
原因はいくつかある。家から遠かったこと、出席を取らないこと、授業内容に興味がわかなかったこと、友達がいなかったこと。
自分の世界にこもるのは楽しい。徹底的に自分に害をなすものを排除し、自分の好きなことだけ見て、生きる。
溜まったフラストレーションはゲームなりネットなりして発散すればいい。

家の外は怖い。人がいっぱいいる。怖い。
この大勢の人の群れに一人、いる。それはとても変に思えたし、不安になる。
自分が何者なのかがとても脅かされた気がした。

だからボクは学校に行くのをやめた。
でも、いつかは学校を出なくてはならない。社会に出なくてはいけない。
特に通いたくない学校にこれ以上通う義理はないが、しかし社会はもっと怖い。

就活をしてみたがはっきり言ってうまくいかなかった。
当たり前といえば当たり前だ。自分が面接官でも自分を落とす。
社交性のなさ、知識のなさ、中身のなさ、やる気のなさ。誰が見てもそれがわかったと思う。

何より致命的なのは自分の考えを簡潔にまとめられないところ、そして人と会話することになれていないこと。
この文章ひとつとってみてもそれはわかると思う。
意味のない単語の羅列。論理的一貫性の欠如。わかりにくさ。

就職留年も考えたが、縁があってとある会社に就職が決まった。
大企業じゃないし、金銭的にも、まぁはっきりいって儲かる仕事じゃない。

ただ、環境はよさそうだと思って就職することにした。
幸い家から近く、自宅通いもできる。
今思うと、一人暮らしなんてとてもできなかった。これだけでも環境面で恵まれていたと思う。
そうじゃなかったら、1年身体がもたなかっただろうし。

1単位でも落とすと卒業できないという致命的な状況で、適度に大学はサボりつつ、なんとか卒業単位に到達。
晴れてボクは大学を卒業し社会人となった。

「環境が変わったら、ボクは変れるかもしれない。そしたら彼女もできたりして・・・」
そんな期待は初日から消え去った。
自分を変えるというのは、環境の変化だけではどうにもならないものなのである。

つづく
スポンサーサイト
コメントとかしてもらえると喜びます

杏子かわいいお

まどか☆マギカに今はまってます。
一番のお気に入りは佐倉杏子
すぐ死にそうな、うざそうな感じの第一印象が一転、今や唯一の良心です。
正直まどかもさやかも見ててイライラするし、QBさんに関してはもうどうしようもありません。

以下おきにいりの杏子スレテンプレ


工エエェェ('Д`)ェェエエ工~

工エエェェ('Д`)ェェエエ工~~

いつか君が 田んぼ耕す 天の光が 種を育て
育ち急ぐ 苗代の苗が 確かに一つ 育つだろう
水田を 耕して 君が植え付けるのは 苗
こんな 草深い 荒れ地の 行方に
豊かな 実りはあるの?

    /''⌒\
  . ,,.'--==""フ
   l ,イl//`ヘヘ!
   リノ(! ゚ ヮ゚ノリ  ザッソウ...チョーウゼェ
   ノ /)i杏i|、 
  (( Uく__ハj_)====>>1乙
      し'ノ

開墾前夢に見てた 無農薬農法のように
虫さえ寄せぬ 力で 美味しい米を 食べたい
働くこの手の中には 撒かれた肥料(有機)
作物だけが 食べる全て 味覚を 呼び覚ます
美味い


   /i´Y´`ヽ 山
   ハ7'´ ̄`ヽ.| .   農耕少女の | ̄|___          
   l ,イl//`ヘヘ |!       .| ̄|.[l] |  __|| ̄ ̄\
   リノ(! ゚ ヮ゚ノリ|   .   |二_  _二|| | ,.へ  ̄フ /<77
    ノ /)i杏i|つ      / ^  ^\L/ /ヘ/ \
.   ((Uく__ハ_j_)|     < /|_|\ >|_二、 ∨\ \
      し'ノ  |

 人は、農業に何を求める。
 ある者は、ただその日の糧のため、米を植える。
 ある者は、理想のために己の手に鍬を持つ。
 また、ある者は、実りある収穫のために、土と汗にまみれる。
 雨は乾いた大地を禊ぎ、恵みとなり、養分となって常に豊穣をめざす。
 
 人は水路の様子を見に行き、そして力尽きて流される。



9話は杏子が主役っぽくてタノシミダナー(棒)


おまけ
8話にて、登場した無駄に豪華なホストのスレが2chにたっててこれが笑えたwww

続きを読む
コメントとかしてもらえると喜びます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。